通院の介助の負担を減らす!介護タクシーの利用ガイド

pixta_16484988_m

家族を在宅で介護していると、課題となるのが病院への移動。身体に障害を持っている場合、車まで移動してもらうのも介護者ひとりでは難しい場合もあります。あるいは、通院のタイミングにどうしても家族が立ち会えないことも。

そんな、通院への悩みを解決するのが「介護タクシー」です。介護保険の適用も効く、この移動手段。聞いたことはあるけれど使ったことはないという方も多いかと思います。

今回は、介護タクシーの利用の流れや料金について解説していきます。

介護保険が適用される「介護タクシー」と、その利用条件

pixta_2843481_m

まず、介護タクシーとはどのようなサービスなのか、その概要について説明していきましょう。

介護タクシーとは、自分一人では車に乗ることが困難な方や、一定以上の介護が必要な高齢者が外出する際に利用できる車両のことです。乗務員は介護職員初任者研修以上の資格を持っていて、車両への乗降だけでなく、家に入っての着替えの介助などもおこないます。

介護タクシーは訪問介護のひとつにあたるため、介護保険の適用を受けられますが、そのためには一定の条件があります。まず、自宅で生活していること。つまり、入院中や介護保険施設で生活している方は対象外となります。有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は居宅とみなされるため、利用可能です。

それから、要介護1以上であること。公共交通機関を一人で利用できる方や、自分で運転ができる方など、介護タクシーを必ずしも必要としない方は対象外です。

その他にも、担当ケアマネジャーが決まっており、そのケアマネジャーが必要であると判断したこと、介護タクシーに対応する訪問介護サービスと契約していること、介護保険サービスの支給限度単位数内であることなどが利用の条件です。

利用するにあたっての手順と料金、注意点

pixta_17676333_m

では、介護タクシーを利用するにあたっての手順と料金を紹介していきましょう。

利用手順

介護タクシーは原則ケアプランに則っての利用となりますので、まずは担当のケアマネジャーへの相談が不可欠です。介護タクシーが必要という判断が出たら、介護タクシー事業者との契約を結び、解除内容や同乗者、利用目的などを相談。利用する日時を調整し、当日利用となります。

乗務員は利用者の許可を取って自宅に入り、高齢者の健康状態を確認し、安全に車両まで移送します。また、その際に乗務員は外出準備の手伝い、および消灯や火気・施錠の確認もおこないます。病院など施設についたら病院の担当者のところまで高齢者の移動を介助。料金の支払いを終えて介助終了となります。

また、病院から自宅についても同様で、基本的には病院のベッドから家のベッドまで移送をおこなうことになっています。

利用料金

介護タクシーの料金については、タクシーの移送料金+介護報酬で決められます。タクシーの移送料金は事業者によって異なりますが、介護報酬は国によって一定に定められており、以下の表の単位×単価をもとに決められます。(2016年8月時点)

単位

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-13-13-16

参考:障害福祉サービス費等の報酬算定構造

単価

%e8%a1%a82

参考:地域区分- 東京都福祉保健局

利用者は介護保険により介護報酬1割(または2割)負担なので、例えば東京都千代田区にお住まいで、身体介助の必要のない方が、通常のタクシーなら1000円の距離を移動するとします。その場合、30分未満で計算し、

1,000円(タクシー料金)+〈11.40(円)×101(単位)×0.1(介護保険の適用)〉=1,115(円)

となります。料金は地域や事業所によっても異なるので、利用の際は事業所に確認をとりましょう。

注意点

加えて、介護タクシーは利用目的が明確に定められており、それ以外では介護保険が適用されないことも注意してください。

介護タクシーのおもな利用目的
・通院
・公的機関での手続き
・通所施設見学
・選挙の投票 等

地域によっては、上記の目的でも介護保険の適用が許可されなかったり同乗者に制限がかかったりすることもあります。基本的な認識として、介護タクシーは「通院」のための交通手段と考えたほうがよいでしょう。

介護保険についてはこちらの記事もどうぞ
平成27年度介護保険制度改正。従来と比べてどう変わったか徹底解説

「介護タクシー」の定義の違い。「介護保険タクシー」と「福祉タクシー」

pixta_18942198_m

ここまで、介護タクシーは介護保険が適用されると説明してきましたが、事業所によっては「介護保険が適用されません」としているところもあります。これは、事業所により「介護タクシー」という言葉の定義が違うためです。

ここまで説明してきた「介護タクシー」は、しばしば「介護保険タクシー」とも呼ばれるもので、乗務員は介護職員初任者研修の免許を持ち、介護保険の適用を受けられます。また、利用目的は原則として「通院」とされています。

一方で、介護保険の適用されない「介護タクシー」は「福祉タクシー」とも呼ばれ、身体が自由に動かない方の外出をサポートする“福祉車両”が利用されます。この種類の介護タクシー(以下、福祉タクシー)と今まで紹介してきた「介護タクシー」の違いは大きく3つ。

第一に、福祉タクシーは乗務員が介護職員初任者研修の資格を持っていなくても運営できます。その代わり、利用者の身体に触れる介助ができないため、乗り降りのサポートは家族がする必要があります。

第二に、福祉タクシーは介護保険が適用されません。目的は利用者の移送であって、介護ではないからです。

第三に、福祉タクシーは、その目的が主に通院に限定される介護タクシーと違い、どのような目的でも利用することができます。例えば旅行に利用することもできるというわけです。ただし、介護タクシーも介護保険の適用を受けず全額負担すればその利用目的は無制限です。

このように、「介護タクシー」と言っても福祉タクシーのことを言っている場合があり、両者の性質は大きく異なるので、その点は事業所に必ず確認を取ってください。

おわりに

通院がどうしても負担だと感じられる方は、今回紹介した介護タクシーを利用することをおすすめします。ケアマネジャー及び事業者とうまく連携できれば、非常に役に立つ手段となるはずです。

介護保険が適用されるか確認した上で、プロの力を借りて高齢者にとっても介護者にとっても心地良い通院の実現を目指しましょう。