自由に介護サービスを選択!自立でも入れる、住宅型有料老人ホームの魅力

仕事をリタイアし、子どもも独立するシニア世代の方々には、「近い将来必要となるかもしれないな」と考える時期に来ていることでしょう。今現在、体に不自由がないとしても、病気や事故による体調の変化や認知症を発症した場合、これまでの生活を自宅で送ることに無理が生じてくるかもしれません。

今回は、自宅のような環境で、施設にいながら外部の介護サービスを利用できる「住宅型有料老人ホーム」についてご紹介します。

外部の介護サービスを利用する、住宅型有料老人ホーム

pixta_25504040_m

住宅型有料老人ホームは、食事の提供や清掃といった日常支援、そして入居者同士で行うレクリエーションが提供されるタイプの有料老人ホームです。

有料老人ホームはこの「住宅型」と「介護付」に大別されますが、「介護付」との大きな違いは、施設内での介護サービスの提供がない点です。

住宅型有料老人ホームでは、介護サービスが必要となった場合は、外部の訪問介護事業者と契約し、ホームヘルパーに居室まで来てもらうことになります。この訪問介護事業者は自分で選択できるため、在宅のころからお世話になっていた介護事業者を継続して利用することも可能です。

また、デイサービスなどにも通うことができ、必要なサービスを必要な分だけ受けることができます(※介護保険適用のサービスは、ケアマネジャーが作成したケアプランに沿って提供されます)。

住宅型は60歳以上なら誰でも入居できる

pixta_25505119_m

入居条件は、60歳以上であれば基本的に誰でも入居可能です。ほかの有料老人ホームと同様、居室は完全個室となっており、ほかの入居者と食事をしたり、テレビを観たりできる共有スペースが設けられています。基本ワンルームであることが多いですが、夫婦での入居を想定し、1世帯で複数の部屋に分かれているホームもあります。

多くのホームが、自立(要介護および要支援の該当なし)から重度の要介護者まで対応可能となっています。ですが実際には、将来的に介護を受けることを想定しつつも、元気なシニア世代を受け入れるケースが多いです。入居を検討している時点で要介護の方は、介護付有料老人ホームなどほかの居住系福祉施設に入居する傾向が強いようです。

要介護度が高くなるほど、家計をひっ迫する恐れがある

有料老人ホームに入居するにあたっては、「入居一時金」というものが発生します。病気などを理由に退去せざるを得なくなった場合、入居一時金の一部が返却されます。

地域によって変動するものの、金額は数十万円から数百万円ほどが相場です。ただし、近年は入居金がゼロの施設も増えてきました。初期費用に関しては、施設選びの重要なポイントとなってくるため、事前によく確認しておきましょう。

入居後、月々にかかる費用ですが、家賃、管理費、食費、雑費などの費用を「生活費」の名目で一括して支払います。一般的な有料老人ホームでは総額15~25万円/月が相場です。ホームに常駐している職員が介護に関与することはありませんが、ちょっとした買い物や郵便物の投函、ごみの搬出など軽度な日常生活支援を有料(オプション)でおこなってくれるところもあるようです。

介護が必要となった場合の介護サービス費は、契約した外部事業者に支払うことになります。ただし、要介護度が高くなるほど介護サービスの利用額が高くなり、すぐに介護保険の上限額に達してしまう恐れも。また、訪問介護は基本的に夜間対応はしていないため、夜中に急なケアが必要となった場合は対応が難しい場合があります。

住宅型に入居している高齢者の家族の声

pixta_17986036_m

ホームページやパンフレットに掲載されている写真や案内、事業主からの説明だけではなかなかそのホームの特徴や雰囲気といったものをつかむことは難しいでしょう。ここで、実際に家族が住宅型有料老人ホームへ入居している方の声をご紹介します。

父は「自立」ですが、一人暮らしが長く続いていて、健康面、特に食事の面での心配が多いことから住宅型有料老人ホームへの入居を決めました。費用はそれなりにかかりますが、父が安心して暮らせることを考えれば、決して高い金額とは思いません。人気があるのか申し込んだときには部屋が空いておらず入居待ちとなりました。幸いすぐに空きが出て入居できたのですが、あまりにも待たされるようでしたら、一つのホームに固執せず、似たような条件のほかのホームを探した方がよいのかもしれません。
(入居者:85歳 男性 自立)

祖母は自己破産したため、住む家を手放すことになり、急きょ今のホームに移ることになりました。入居者同士の交流も多く、祖母もさみしがっていないようで安心しています。しかし最近は物忘れがひどくなったため、財布の管理をホームに頼んだのですが、その費用だけで年間1万2,000円かかると言われました。金遣いの荒い祖母なのでお願いしたいところではありますが、そこまでの金額を出すのもためらわれ……今でも家族一同悩んでいます。
(入居者:85歳 女性 要支援2)

費用が多少高額なホームであっても、高齢者が多く住む地域や立地条件、サービスの充実度などによって入居希望者が集中することもあるようです。また、予想外の費用が発生することも起こり得るため、料金体系については、入居前に事業者からきちんと説明を受けておきましょう。

遠い将来まで見据えた有料老人ホーム選びが重要

最後に住宅型有料老人ホームのメリット・デメリットをまとめると、メリットとしては、外部の介護事業者を選択できることや、自立のときから将来を見据えて入居できることが挙げられます。

一方でデメリットとしては、24時間の介護は対応していない場合が多く、また、要介護度が高い場合は費用が高額になってしまうことなどがあります。

重度の要介護状態になったときでも住み続けられるのか、経済的負担が大きくのしかかってくるのではないか……。将来だけでなく10年、20年先を見据えた有料老人ホーム選びを、入居する本人とそれを支える家族との間で、しっかりと吟味することが重要です。

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。