「介護付」と「住宅型」の有料老人ホーム、どちらを選ぶ?

有料老人ホームを検討するとき、ひとつ、必ず心に止めておかなければならない「違い」があります。それは、介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いです。一般に、有料老人ホームには「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類に分類されますが、ここでは特に過半数を占める「介護付」と「住宅型」の2つの差を紹介していきます。

それぞれ、介護サービスの提供方法に大きな特徴がありますので、自分やご家族に合わせたタイプの老人ホームを選ぶために、その差をしっかり押さえておきましょう。

介護付と住宅型の3つの違い

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについておおまかに説明すると、以下の3点が異なっています。「介護サービス」、「入居要件」、そして「費用」です。

介護サービス

3-2

介護付の場合、そのホームで働くスタッフから直接、介護サービスが提供されます。介護の設備やサポートも充実し、自分で身の回りのことができる方から要支援・要介護の方までそれぞれの身体状況などに合わせた介護サービスの提供が可能になっています。

住宅型の場合、自宅と同じように入居者が個別に外部の介護サービスと契約をして利用するかたちとなります。そのため、入居したホームからデイサービスに通う人もいれば、訪問介護を利用してヘルパーに来てもらう人もいます。近年では介護付と同程度のサービスを提供する住宅型有料老人ホームも増えてきています。

入居要件

3-3

介護付の場合、一般的に65歳以上の高齢者が入居要件となっています。「自立型」「介護専用型」「混合型」の3種類があり、「自立型」は入居時点で要介護認定に該当しない自立の方、「介護専用型」は要介護1以上の方、「混合型」は要介護認定を取っていない方も入居対象となります(施設により、入居要件は異なる場合があります)。また、認知症ケアにも対応している施設も多くあります。

住宅型の場合、基本的に60歳以上の高齢者が入居要件となっていて、介護付よりも比較的お元気な方向けの施設です。自立の方から要介護認定を受けている方まで受け入れている施設が多いです(施設により、入居要件は異なる場合があります)。

費用

財布

介護付の場合、ホームの月額利用料の他に、要介護認定(要支援1・2、要介護1~5)の段階別に介護保険の自己負担額が月単位で決まっているため、月々の支払いイメージがしやすくなっています

住宅型の場合、必要な分だけ介護サービスを利用できるという面がありますが、それぞれのサービスを使った分だけ費用がかかるので、常に介護が必要な人にとっては、月額利用料が高額になるケースもあります。

詳しい費用についてはこちら
入居にかかるお金はいくら? 特養・有料老人ホーム・サ高住にかかる費用を徹底比較

介護付と住宅型をメリット・デメリットから比べてみると

では、実際に自分の家族の場合はどちらが向いているか、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら考えていきましょう。
3-5

メリット デメリット
  • 24時間体制の介護サービス
  • 医療面のサポートも充実
  • 毎月の支払いがイメージしやすいので、安心
  • 他の介護保険サービスは併用できない
  • 他のご入居者の状態によっては、環境に馴染めないケースがある
  • 自立の方であっても介護サービスの費用負担が必要

介護付有料老人ホームは、介護サービスの充実だけに限らず、医療ケアの体制や設備も兼ね備えている施設もあり、安心してご家族を預けることができます。また、月額は割高にはなりますが、毎月の支払いイメージがし易い点も、ホームでの生活を続けていく上で重要なポイントです。

しかし一方で、毎月介護サービスを受けるにあたり、介護保険の利用限度額まで使うため、介護保険を利用した外部サービスは利用できません。また、介護度の重い方が多い施設に介護度が低い方が入居すると、環境に馴染めないこともあるかもしれません。

3-6
メリット デメリット
  • 介護サービスを自分で選べる
  • これまで利用していた介護業者を継続できる
  • 高級志向など、選べる施設のバリエーションが豊富
  • 緊急時の介護の対応が難しい
  • 要介護度が重くなると月々の負担が割高になる可能性がある

住宅型有料老人ホームは、住宅と同じように「訪問介護」を受けたりデイサービスなどに通ったりするので、自分の好きな介護サービスを選択でき、施設に入る前に利用していたサービスを継続することができます。また、住宅型サービスは高級志向のホームから一般向けまで種類が豊富で、多様な老後の生活を選ぶことができます。

しかし、24時間体制の介護サービスではないため、、訪問介護では対応していない時間帯で急な介護サービスが必要になったときなどは、別途施設で定めた実費費用が掛かるケースもあります。また、入居中に要介護度が重くなり、外部サービスの利用頻度が高くなれば、その分月々の負担額も大きくなります。

「要介護度」に注目して後悔しない老人ホーム選びを

以上のメリット・デメリットから、要介護度が高い人は介護サービス・医療ケアが充実している介護付有料老人ホーム、要介護度が低い人や自立の人は住宅型有料老人ホームの方が向いていることが分かります。

もちろんそれぞれの施設によって差は生まれますが、毎月一定額を支払って介護サービスを受けるのか、介護度に応じて必要な分だけ外部サービスを利用するのかでは、経済的な負担も異なります。

入居してから「イメージと違う」「予想以上に高額になった」といったことにならないように、「介護付」と「住宅型」のどちらを選ぶか、しっかりと検討しましょう。