手厚い介護で安心を提供する「介護付有料老人ホーム」とは?

これまで元気だった高齢者が、病気や障害、軽度の認知症などによって、今までどおりの生活を送ることが難しくなるのはよくあること。寝たきりとまではいかないものの、一部の日常動作の介助や見守りが必要となってくると、仕事や家事、学業などを抱える家族だけでのサポートには限界が出てきます。

このような場合でも、介助や介護を必要とする高齢者を受け入れてくれる施設があります。今回は、居住型高齢者向け施設の一つである「介護付有料老人ホーム」についてご説明します。

専門スタッフによる介護サービスが受けられる「介護付有料老人ホーム」

pixta_25546135_m

介護付有料老人ホームは、ホームを運営する事業主から提供される介護サービスを受けながら暮らせる居住系の高齢者施設です。有料老人ホームの中でも“介護付”のタイプはもっとも施設数が多く、一般的に有料老人ホームと言えばこの「介護付」、あるいは「住宅型」を指します。

建物内では、入居者一人ひとりに個室が用意され、日常の介護に加え食事やレクリエーション、リハビリのメニューなども用意されています。食事・入浴・排泄などのサポートも提供される上に24時間体制のサポートをしている施設も多く、要介護度が高くともケアをしてもらうことができます。

原則65歳以上が入居可能。要介護度が条件となる場合も

pixta_12976022_m

介護付有料老人ホームは、原則として65歳以上の高齢者であれば入居可能です。要介護または要支援を条件にしているホームが多いですが、要介護認定を受けていない人(自立)でも入居できるホームもあります。事業主側の方針もあるため、確認しておきましょう。

申し込みの後には入居審査があり、入居者本人の健康状態、要介護度、既往歴に加え、資産や年金収入額といったことも確認されます。全国的に有料老人ホームは数も多く、特別養護老人ホームのように待機人数が大勢いるわけではないので、入居へのハードルは低いです。しかし、事前審査で事業主が求める基準に達していなかった場合、入居を断られることもあります。また、入居できた場合でも、長期の入院を必要とするような大病を患った場合は退去を勧告されることもあります。

有料老人ホームにかかる費用は「生活費」と「介護サービス費」

入居するにあたっては、「入居一時金」が発生します。病気などを理由に退去を迫られた場合は、入居一時金の一部は返却されます。

都市部か地方かで金額に開きはありますが、一般的なホームでは数十万円から数百万円が相場です。富裕層をターゲットにした高級志向の強い施設では、数千万円かかるところもありますが、その一方で入居一時金がゼロの施設もあります。施設のホームページやパンフレット、施設見学会などで確認しておくようにしましょう。

入居後、毎月支払う費用は、家賃、管理費、食費、雑費などの「生活費」と、介護サービスを受ける際に発生する「介護サービス費」に大別できます。

同じ居住スタイルを取る特別養護老人ホームと比べ、有料老人ホームはややサービス業的な色合いも強いことから、施設の設備やメンテナンスにも力を入れています。多床室(大人数部屋)がなく完全に個室となっていることからも、月々にかかる生活費については、特別養護老人ホームよりも高く設定されているのです。一般的な有料老人ホームでは総額20~25万円/月が相場で、これに介護サービス費(利用者負担は1割または2割)を加えた金額が月々にかかる費用となります。

また、介護サービスは施設が一括して提供してくれますが、別途、外部のサービスを使いたい場合はその都度お金がかかるので注意が必要です。

「介護付」に入居者している高齢者の家族の声

pixta_17556415_m

ホームページやパンフレットに掲載されている写真や案内、そして事業主からの説明だけではなかなかそのホームの特徴や雰囲気といったものをつかむことは難しいでしょう。それではここで、実際に家族が介護付有料老人ホームに入居している方の声をご紹介します。

祖父が軽度の認知症となり、家族や周囲にこれ以上迷惑をかけたくないという理由で、祖父の方から施設への入居を希望してきました。万全を期し、多少高額になっても看護師が常駐しているホームを希望したのですが、看護体制が充実しているところは少なく施設選びに時間を要しました。今では祖父もホーム内で親しい友人ができ、一緒に将棋や野球観戦をするなどとても楽しそうにしており、家族も安心しています。
(入居者:85歳 男性 要支援2)

祖母が以前入居していた老人ホームは、建物も新しい、月額20万円ほどのところでした。しかし職員の態度があまりよくなく、面会で見る祖母の表情もさえないものでした。その後、料金ももう少し安い別のホームに移りました。建物や設備は以前よりも古いのですが、職員がとても親切で、祖母も安心した表情で過ごしています。料金が高いからといって、それに見合ったサービスが保障されるわけではないのだと実感しました。
(入居者:84歳 女性 要介護3)

父が入居しているホームは入居一時金が600万円ほど。高額でしたが、手厚い介護・看護体制を敷いていて、食事のメニューも本人の体調に応じてアレンジしてくれるなど、費用に見合った満足感があります。しかし認知症の男性の場合、暴力・暴言などでほかの入居者に迷惑をかけてしまうことがあり、最悪の場合、退去してもらうことがあると説明を受けました。今のところ父は大丈夫ですが、今後症状が進んだ場合、いつまでここにいられるかと思うと心配です。
(入居者:80歳 男性 要介護3)

予算の上限、提供されるサービス、施設の雰囲気、介護スタッフとの相性など、入居者一人ひとりにぴったりと合ったホームを探すことは難しいところ。入居後のミスマッチを極力減らすため、本人と家族、そして入居先の施設の担当者も含めて十分に話し合い、選びましょう。

終の住処になりうるホーム選びは慎重に

最後に介護付有料老人ホームのメリット・デメリットをまとめます。

介護付のメリットは、24時間体制の介護・医療のサポートだと言えるでしょう。一方でデメリットとしては、特別養護老人ホームと比べて費用が高額となるため、経済状況によっては入居を断念せざるを得ない家庭が多いのも事実です。

しかしデメリットを差し引いても、定期的なケアが必要な家族がいる方にとっては、非常に頼りになる施設と言えるでしょう。最近では、重度な医療・介護の提供や、看取りのケアに力を入れている施設もでき、終生住み続けることができるようになりました。人生の最期を迎える場となるかもしれない有料老人ホーム。本人・家族ともに後悔のないよう、慎重に選ぶようにしたいところです。

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。