老人ホームの見学でチェックしておきたい10のポイント

老人ホームへの入居を決めるまでには、立地や費用、資料請求など様々な比較検討があります。ご家族やご自身が長年住む場所ですから、安易に選択するのではなく、心から納得できるまで情報を集めたいところです。

しかしインターネットや資料でいくら情報を収集しても、いざ入居してみると実情は異なった……なんてことがあれば後悔してもしきれません。

ある程度まで予算や立地条件が合うホームを絞り込んだら、実際のホームの様子や設備、働いているスタッフを見ることができる「見学」や「体験入所」を積極的に行いましょう。「百聞は一見に如かず」のことわざの通り、実際に目で見てみないととわからないことだらけです。今回は、ホーム見学の際にチェックすべき10のポイントをご紹介します。

スタッフや入居者の表情や雰囲気


まずはスタッフや入居者の表情や働いている姿など見て、ホーム全体の雰囲気を掴むようにしましょう。以下の3つを重点的に確認すると良いでしょう。

①スタッフの身だしなみと挨拶

まず見学に訪れた際に、スタッフはしっかりと挨拶ができているかをチェックすると良いでしょう。スタッフが入居者や来訪者に明るく活き活きと挨拶ができている場合は、入居者との関係性も良く、職場の環境も良好である可能性が高いです。逆に、スタッフが無愛想で挨拶をろくにできないようですと、教育が徹底されていなかったり、職場環境が悪くストレスや疲労が蓄積していることが考えられます。またスタッフの身だしなみも同様です。爪が不必要に長かったり、服装が乱れていると、スタッフの意識が欠如している場合もあります。

②入居者の顔色や身なり

入居者の表情も重要なポイントになります。入居者の表情が活き活きとしていて楽しそうであれば、ストレスが少なく満足した毎日を過ごしていると言えそうです。また入居者の身なりが清潔かどうかを見ておくとよいでしょう。髪型や服装に清潔感がないと職員のケアが行き届いていない可能性があります。同時に、これから入居するご家族が雰囲気に馴染めそうかどうかを考える必要があります。

③介助の様子でスタッフの質を見る

体位変換や離床などの実際の介助の様子を見せてもらうのも大事なポイントです。近年では介護職員による虐待なども取り沙汰され、安全に過ごせるか心配されている方も多くいらっしゃるでしょう。実際にスタッフが入居者と触れ合い、コミュケーションを取る介助を見せてもらい、入居者に無理をさせていないか、しっかりと声掛けをしているか、確認しておきましょう。いくらサービスが充実していても、スタッフの質が低いと満足したものにはならないことを念頭に置きましょう。

食事の内容と食事中の様子


入居者にとって、ホームでの最大の楽しみのひとつが食事になります。長く暮らしていく上で、食事が合わないと、体調への心配が生まれるばかりではなく、ストレスなど入居者にとって健康面に悪影響を及ぼしてしまいます。食事が合わなくて退去をする例もありますので、メニューの内容や個別対応があるかなどしっかりと確認しておきましょう。

④食事中の様子を見せてもらう

せっかく見学に来たのですから、食事の内容はもちろん、食事介助の様子もチェックしておきたいところ。食事中に起きる事故として、誤飲や窒息があります。事故に十分対応できるスタッフ数が食事中にいるか、食事のペースを入居者に合わせてくれているか、などチェックしましょう。

⑤献立で食事への工夫を確認する

メニューに偏りがないか、季節を感じられるような楽しみがあるかなど食事に対する工夫は、献立で確認することができます。お正月やクリスマス、ひな祭りなどの楽しみや、四季の旬の食材が取り入れられているかを見ておきましょう。また最近ではバリエーション豊富な食事を提供しているホームも多くありますが、その食事の特徴が入居者の好みに合っているかどうかも大きなポイントになります。

⑥個別食・治療食に応じてくれるのか

入居者に糖尿病や腎臓病などの疾病があった場合や特定の食材に対するアレルギーがあった場合に、個別対応をしてくれるのかも確認しましょう。

ホーム内の環境について


ホーム内の雰囲気や設備、共用スペースなどチェックすべき箇所は多くなります。気になる箇所があれば、スタッフに許可を取り、撮影しておくことをおすすめします。複数のホームに見学に行った際の判断材料になるでしょう。では、ホーム内の環境は、どのような点をチェックすればいいのでしょうか。

⑦まずは清潔かどうかが第一

建物が清潔に保たれているかどうかで、おおよそそのホームの雰囲気は掴むことができるはずです。居室やトイレ、浴室や共用スペースなど、見学では施設を一通り見ることができますので、随時この視点を忘れずに見学をしましょう。

⑧居室の間取りや設備、日当たりなど

居室の間取りや広さは実際に確認してみないと、不便な点はわかりづらいものです。コールボタンの位置や収納スペース、日当たりはどうか?またテレビやカーテンなどの設備は備え付けか?私物の持ち込みはどこまで許可されるのか?など細部までチェックしてください。何年も住む“家”ですので、納得のいくまで確認し、不明な点は質問するようにしましょう。

ベッドやドアの形状、床材なども確認しておくと、転倒や衝突した際の配慮がなされているかを知ることができます。

⑨ホーム内環境と外部・周辺環境

共用スペースにはどのような種類があるか、エレベーターの数、手すりなどの補助設備、リハビリ施設や機械浴室などホームの設備に、入居者が必要なものが揃っているか必ずチェックしましょう。

入居者が外出困難な場合、バルコニーや庭など外の空気や自然と接することのできる環境であるかも知っておきたいポイントです。また車の音など外部からの騒音なども見学に行かなければわかりません。

また入居後の訪問のことも想定しておくと良いでしょう。駐車場の有無や最寄り駅からの距離や交通機関などのアクセス情報と施設の周辺情報も忘れずに確認しておきましょう。

⑩イベントやレクリエーションなど

ほとんどの老人ホームでは、多彩なレクリエーションやイベント企画を取り入れています。遠足などの外出や餅つき、クリスマスイベントなどホームによって個性を打ち出しています。頻度や種類が多ければ、より充実した生活を送ることができるはずです。毎日なにかしらのレクリエーションを取り入れているホームも少なくありませんので、見学の日を予め合わせることで、様子を確認することができます。

見学で失敗しないための工夫


10のポイントを見てきましたが、もちろん一回の見学ですべてがわかるわけではありません。ここでは一回の見学でより多くの情報を得るため、または確認漏れを防ぐための方法を紹介します。

◯なんでも質問しましょう!

疑問点や不明点は些細なことでもすべて質問するようにしましょう。設備やスタッフ、入居者のことから事故歴やスタッフの離職率、退去者数も聞くのをおすすめします。質問に対して誠実に答えを得られないようであれば、大切な家族を預けるには信用できませんが、どんな内容でも気分を害さずに答えてくれると安心できるはずです。

◯チェックシートを持参しましょう!

確認項目が多く、せっかく見学に行っても「確認し忘れた」「聞き忘れた」という事態は避けたいもの。「見学チェックシート」を持参することで、そのようなミスを防ぐことができます。下記URLより無料で「見学チェックシート」をダウンロードできますので、プリントアウトして見学に向かうことをおすすめします。

・見学チェックシートはこちらから!

◯見学の時間帯を考える

ホームの見学は基本的には予約して訪問することになります。その際に、どの点を確認したいかをしっかり伝えましょう。スタッフの介助、食事、レクリエーションなど時間帯が異なりますので、しっかりと見学したいポイントを抑えて日時を決めましょう。

まとめ

入居を決めるポイントはいくつも存在しますが、予算内のホームでいくつか見学をしても、大きな差が生まれないことも十分ありえます。

そのようなときは、入居予定者がそのホームで暮らしている姿を想像してみてください。ご家族やご本人が長年居住するにあたって、「ここだったら安心して楽しく住める」というイメージはことのほか大切です。

上記の10のポイントを指針にしながら、条件が合って信頼できるホームを探してください。

○有料老人ホームを探すなら、比較・検討サイトがおすすめ
老人ホームの比較検討サイト「探しっくす」は全国の有料老人ホームのほか、サ高住やシニア向け分譲マンションの情報を掲載しています。エリアや費用など、条件に合わせた検索ができるほか、資料請求もできますので、ぜひご活用ください。


◎ https://www.sagasix.jp/

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。