入浴介助の手順と、注意すべき4つのポイント【高齢者介護】

介護をするうえで欠かせないケアのひとつが、入浴介助。体をきれいに保つということは、人として最低限の欲求であり、尊厳の維持にもつながります。また、体の清潔が保たれないと、皮膚の病気や尿路感染症などを発症する原因にもなります。

しかし、自分の体を洗うこととは違って、他人の体や頭を洗うことは難しいもの。どのようなことに気をつければいいのか、どんな順番でおこなったらいいのかなど、戸惑うことが多くあることでしょう。

高齢者が気持ちよく過ごすために、そして健康でいるためにも重要な入浴介助をおこなううえで気をつけるべきポイントや手順をまとめましたので、参考にしてください。

入浴介助で準備するもの

pixta_10876333_M

まずは、入浴介助を始める前に準備しておくものをご紹介しましょう。


・タオル(大きくて吸水性の高いもののほうが、短時間で体を拭けるので便利です)
・着替え、必要に応じて新しいオムツや尿取りパッド
・ボディソープまたは石鹸(泡立てるのに時間がかからないボディソープのほうがおすすめです)
・ボディタオル
・シャワーチェアや転倒防止マットなど
・必要に応じて保湿剤や爪切り、皮膚科で処方されている薬など

使うものの準備ができていないと、途中で取りに行って、ご本人を裸のまま待たせてしまう、という自体を招いてしまいます。入浴介助では、ひとりにさせないことが原則。時間に余裕をもって、準備しておきましょう。

介助者が身につけるものとしては、以下のものがあると便利です。


・エプロン(水を弾く素材のもの)
・滑りにくいゴム製の靴
・手袋

自分自身が濡れてしまう可能性があること、バスルームの床は滑りやすいことを考慮した服装を心がけましょう。

では、ここからは実際に入浴介助をどのように進めていくのか、入浴前・入浴中・入浴後に分けて説明していきます。

bathroom1

入浴介助を実際にする前に、準備や確認を忘れないようにしましょう。事故や体調の悪化の防止につながります。

1.入浴介助を始める前に、浴室の準備をしておきましょう。浴槽にお湯を張り、浴室と脱衣所を温めておきます。浴室暖房があれば、それを利用するとよいでしょう。脱衣所に小さい暖房器具などを置くと便利です。

2.体調が悪くないかを事前にチェックします。体調が悪いまま入浴すると、さらに体調が悪化してしまいます。血圧が高すぎないか、発熱していないか、など確認してから、入浴を促すようにしましょう。

bathroom2

1.足元に注意しながら椅子に腰かけてもらい、足元からゆっくりお湯をかけていきましょう。温度を確認しながら、少しずつ慣れてもらいます。

2.ある程度温まったら、頭から洗っていきます。頭を洗うときには、指の腹でやさしくこすります。シャンプーの流し残しがないように、すすぎはしっかりおこないましょう。

3.体はボディタオルでやさしく洗います。高齢者の方は皮膚が弱いことが多く、力を入れてこすると傷つきやすいので注意しましょう。汗をかきやすい場所(脇、乳房の下、肘や膝の内側など)は、特に洗い残しがないように気をつけてください。また、排泄物で汚れやすい場所もしっかりと洗っておきましょう。

4.洗い終わったら、お湯に浸かります。手すりをつかんでもらったり、体を支えてあげたりしながら、ゆっくりと浴槽に入ってもらってください。のぼせてしまう危険もあるので、お湯に浸かる時間は5分程度にとどめておいてください。浴室から出るときも、バランスを崩さないよう支えながら、ゆっくりと出ましょう。

bathroom3

1.体や頭の水分をしっかりタオルで拭き取ったら、着替えをします。入浴後は血圧の変動でふらついてしまうこともありますので、いすに座ってゆっくりと着替えをおこないます。

2.入浴後の体調変化に気をつけ、しっかり水分補給をしてもらいましょう。

3.入浴後は皮膚や爪が柔らかくなりますので、必要に応じて保湿剤を塗ったり、爪切りをしたりするとよいでしょう。皮膚科で処方されている軟膏なども、入浴後の皮膚がきれいになったタイミングで塗るとよいです。

入浴介助で注意するポイント

pixta_14417344_M

1.体の状態を観察する

日常生活において頭から足先まで、入浴時以外で全身を観察する機会はなかなかありません。入浴介助をしながら、皮膚が乾燥していないか、傷がないかなどをチェックするようにしてみてください。

寝たきりでなくても、座っている時間が多いと、腰などに褥瘡(じょくそう/床ずれのこと)ができることもあります。また、病気や怪我のために、皮膚が腫れたり赤くなったりしていることも。入浴時は全身を見ることができるので、異常の有無を確認する機会にしましょう。

2.体調が悪いときは無理をしない

体を清潔にすることは大切ですが、体調が悪いときに無理をする必要はありません。無理をすると、悪化させてしまう原因にもなってしまいます。そのようなときは、入浴の代わりに温かいタオルで体を拭いたり、足だけをお湯につける「足浴」をおこなったりしてもよいでしょう。

3.安全を優先する

自宅の浴室で入浴介助を行う場合、設備や広さなど、どうしても施設と同じようにはできません。そのぶん、安全には十分に配慮しましょう。シャワーチェアや転倒防止のマット、手すりなど、設置できるものを最大限利用したり、可能であればひとりではなくふたりで介助したりするなど、工夫してください。

介護度が上がり、家族での介助が困難になった場合は、訪問入浴サービスやデイサービスでの入浴などを利用することも、選択肢として考えてみるとよいでしょう。

デイサービスについてはこちらの記事もどうぞ
【嫌がったときの対処法付き】デイケア・デイサービス利用の手引き

4.できるところは自分でやってもらう

入浴介助をしていると、本人ができるところまで、ついつい手を出してしまいがちです。そこはぐっとこらえて、できるところは自分でやってもらうように心がけましょう。特に、羞恥心を伴う局部については、可能であれば自分で洗ってもらいましょう。本人にできることをやってもらうことは、ADL(日常生活動作)の維持にもつながってきます。

事前の準備で、気持ちのよい入浴につなげよう

介助をする家族にとっては、入浴介助は体力も時間も必要なので大変です。その苦労を軽減するために必要なのが事前の準備であり、ポイントを知っておくことです。

入浴は体が清潔になったり、病気の予防になったりするだけでなく、ご本人の気分転換にもなるもの。介助をする側もされる側も、気持ちよく入浴の時間を過ごすことができるよう、準備や手順など気をつけておこないましょう。