【嫌がったときの対処法付き】デイケア・デイサービス利用の手引き

在宅介護と一口に言ってもいろいろな種類がありますが、皆さんはヘルパーに訪問してもらう訪問介護ばかりに頼ってはいませんか?ついつい家に引きこもりがちな在宅介護ですが、通いながら介護をしてもらう「通所介護」を始めてみるのはいかがでしょうか。

この記事では、通所リハビリテーション(デイケア)・通所介護(デイサービス)及び、認知症の方のデイサービス利用についての説明をしていきます。

デイサービスとデイケアの違い

まずはじめに、混同されがちなデイケアとデイサービスの違いについて説明します。

デイケア

daycare2

デイケア(通所リハビリテーション)は、利用者が老人保健施設や診療所に通い、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)らの指導のもと、リハビリテーションを行うことを指します。日常生活に必要な機能を改善することが目的です。具体的には、以下のような動作を改善するためのリハビリテーションを行います。

・立つ・歩くなど運動機能の訓練(理学療法)
・温熱療法・マッサージ(理学療法)
・掃除や着替え、食事の訓練(作業療法)
・発声・発語の訓練(言語聴覚療法)
・嚥下(飲み込み)機能の向上(言語聴覚療法)

デイサービス

daycare3

デイサービスは介護保険で利用することのできるサービスの一つで、介護保険上は「通所介護」「介護予防通所介護」と呼ばれます。利用者の気分転換や身体機能維持、家族の介護負担の軽減などを目的とした、日帰りの介護サービスです。介護サービスの必要度を示す要介護度で「要支援1」以上の方が利用できます。デイサービスは、デイケアと比較して、より日常生活の介助という点に力を入れていて、具体的には、以下のようなことをデイサービスでは行います。

・体操や口腔体操
・創作などのレクリエーション
・入浴
・食事
・他の利用者やスタッフとのコミュニケーション

デイケアとデイサービスの違いについて最後に簡単にまとめると、デイケアは専門家がいるリハビリで医療寄りのサービス、デイサービスは日常生活の充足が目的の介護寄りのサービスと言えるでしょう。

では、ここからは特に認知症の方に向けたデイサービスについて深堀りしていきましょう。

認知症の方がデイサービスを嫌がったときの対処法と「認知症対応型デイサービス」

認知症の方はデイサービスを嫌がることがある

daycare4
たとえ認知症の方が自分で身の回りのことができなくなったからといって、必ずしも自尊心が失われるわけではありません。そのため、認知症の方がデイサービスを拒否するケースは多々あります。デイサービスでのレクリエーションをばかばかしく感じたり、自分には身の回りのサポートは必要ないと思ってしまうのです。

そこで大事になるなのは、まずは家族の声掛けです。「みんなお父さん(お母さん)のことを待ってるよ」というように、その人が周りに必要とされているということを伝えてあげましょう。また、どうしても嫌がる場合は施設の環境や周りの利用者とご本人が合っていないというケースも考えられます

その場合、ケアマネージャーと相談しながら、入浴介助や送迎の職員の変更を申し出たり、苦手としている利用者とは別グループにしてもらう必要があるでしょう。あるいは、大勢の利用者がいる施設の雰囲気自体が嫌な場合、施設の変更をすることも考える必要があります。そんなときにひとつ視野に入れて欲しいのが、「認知症対応型デイサービス」です。

認知症対応型デイサービスとは

daycare5

認知症対応型デイサービスが普通のデイサービスと異なるのは、定員が12名以下とされている点と、認知症についての理解が深い職員がサポートに当たっている点です。メニューとしては入浴や食事、レクリエーションがメインですが、専門的なスタッフがアットホームな雰囲気で利用者一人一人にあった対応をするため、普通のデイサービスには馴染めなかった人も、次第に打ち解けられるようになると言います。

普通のデイサービスと比べて料金が若干割高に設定されてはいますが、どうしても普通のデイサービスでは合わないという場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

在宅介護でずっと家にこもっていては認知症の方も家族も気分がふさがり、うつにつながってしまうかもしれません。デイケア・デイサービスを有効に活用して、地域とのつながりを育みましょう。

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。