認知症高齢者に見られる「アパシー」。うつとの違いや対処法は?

妄言、妄想、徘徊、極度の物忘れなど、認知症高齢者にはさまざまな症状が見られます。その中でも、日常のあらゆる事象や自分自身に対してやる気や関心が失われていく、いわゆる“無気力”に陥るケースもあります。

このような無気力状態は「アパシー(apathy)」と呼ばれるもので、暴力や徘徊などとは異なり、はっきりと目に見えて現れる症状ではありません。そのため、周囲の人たちも症状の進行に気づくのが遅れてしまいがちです。

今回は、認知症の方のアパシーについて、その概要とうつ病との違いなどについて説明します。

アパシーとは、無気力・無関心になってしまうこと

pixta_20887581_M

アパシーは、もともと社会学で用いられていた概念で、世の中で起こる事象に対する無関心を表す言葉でした。

しかし近年、心理学でも使われるようになり、周囲の事象に対してだけでなく、自分自身の身の回りのことでさえ、無気力・無関心になってしまう状態を指す言葉として用いられるようになりました。

高齢者にアパシーが見られる場合、これまで実践されてきた生活習慣が乱れ、健康面や衛生面であらゆる無精が目立つようになります。

例えば、今まで散歩など外出することを習慣にしていた人が急に引きこもりがちになったり、入浴や歯みがき、着替えなどをなかなかおこなわなくったりします。

特に一人暮らしや夫婦ともに高齢者の世帯の場合、周りの目が行き届きにくいものです。久々に自宅を訪れてみたら、脱いだ洋服や下着が散乱していたり、部屋中ホコリまみれだったりという場合は、アパシーの症状が出ている可能性が高いと言えるでしょう。

うつ病とアパシーの違いとは?

何事に対しても無気力になるアパシーは、しばしばうつ病と混同されます。しかしうつ病とはいくつか異なる点があります。以下で、うつ病とアパシーの特徴的な違いを見てみましょう。

●気分
うつでは、常に、気持ちが暗く沈みがちになります。

アパシーは、意欲的になることもなければ、気分が落ち込むようなこともありません。何事にも特に関心を示さない、極めてフラットな心理状態なのです。

●症状への自覚
うつ病の方の多くは、自分がうつ状態であることを認識しています。同時に、周囲に相談したり病院へ行ったりと、自ら症状の改善を求めて活動します。しかしなかなか改善が図れない場合、自分の無力さにあせりや苛立ちなど自責の念を覚えるようになり、うつがより悪化するという負のスパイラルに陥りがちになります。

アパシーは症状への自覚意識が乏しく、病院へ行くなど、自ら症状を改善するために努力するような行動は見られません。

●危険行為の有無
重度のうつ病の場合、自傷行為に走るケースが見られます。また、ほかの精神疾患(発達障害、アスペルガー症候群など)では、本人の思いどおりにならない苛立ちから暴力行為が見られることもあります。

アパシーの場合は、自傷行為に走る可能性は極めて少なく、他者に対して暴力的になることもありません。

●薬による治療
うつ病には、抗うつ剤が有効とされ、実際多くのうつ病患者に抗うつ剤が処方されています。

しかしアパシーについては、治療に有効な薬が存在しません。抗うつ剤を用いても十分な効果が得られないため、カウンセリングなどの精神療法が主となります。

家族がアパシーになったら?規則正しい生活を促す

pixta_16404611_M

同居している高齢者にアパシーの症状が見られる場合、家族はどうすればよいのでしょうか?

先で説明したように、明確にアパシーに効果のある薬というものはありません。しかし、アパシーは家族の働きかけによって意欲を促進させ、症状の緩和を試みることができるのです。

そのために、まずは規則正しい起床、就寝、食事の時間を決めることです。決まった時間に声をかけ、自発的に体を動かすことを促しましょう。

着替えやトイレも自力でおこなえる場合は、できるだけ手を貸さずに見届けましょう。通所介護などで定期的に外出する高齢者に対しても、送迎車に乗る直前まで付き添い、本人のモチベーションが下がらないよう、極力声をかけてあげることも重要です。

かかりつけ医に相談しながら、適した声かけをおこなっていきましょう。

介護疲れや介護からの解放によって家族がアパシーになることも

pixta_20701704_M

また、アパシーが見られるのは、認知症の高齢者にかぎった話ではありません。介護に携わる家族がアパシーになってしまうこともあるのです。

毎日のように一生懸命介護にあたっていても、一向に症状が緩和されない、または自分を受け入れてくれないといったストレスが溜まってくると、「何のために頑張っているんだろう?」という一種の虚無感を覚えるようになるためです。

あるいは、長年介護していた高齢者が亡くなったあと、家族を失ったことによる喪失感と溜まった介護疲れが一気に降りかかり、アパシーになることもあります。

介護する家族にアパシーが見られるようでは、同居する高齢者の健康面や安全面にも大きく影響します。少しでも疲れやストレスを感じるようでしたら、趣味に時間を費やすことや、スポーツやジョギングなどの運動などストレス軽減に努めることが重要です。

1人の時間を作ってあげることも重要

高齢者に頻繁に声かけをしたり一緒に旅行したりといったことはよい気分転換になりますが、本人の気分や体調をしっかり踏まえた上で実践しなければ、逆に大きな負担になってしまうことも考えられます。

高齢者としっかりコミュニケーションを取った上で、規則正しい生活習慣を課すばかりでなく、本人が大切にしている自分だけの時間を引き続き提供してあげることも重要です。

参考文献
『こころが軽くなる 認知症ケアのストレス対処法』松本一生著 中央法規出版

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。