アルツハイマー、レビー小体、脳血管性……。三大認知症について知ろう

近年、新聞やテレビなどで取り上げられる機会が増えたことで、認知症についての理解が深まってきていますが、一口に「認知症」と言っても、発症する原因や症状、個人差などその種類はいくつも存在します。

今回は、一般的に知られている「三大認知症」について触れるとともに、若年層を襲う認知症や、早期発見・早期治癒によって快方に向かう見込みのある認知症についてご紹介します。

認知症の約85%を占める三大認知症

認知症と診断された人の約85%は以下の3つの認知症に分類することができます。

072301

アルツハイマー型認知症は脳細胞の委縮に伴い発症する認知症で、認知症と診断された人の約半数はアルツハイマー型にあたります。病名になっている「アルツハイマー」という言葉はドイツのアロイス・アルツハイマー博士が、診察した患者の記憶力の低下などを主訴とする症例を1906年に学会で発表したことに由来します。

いわゆる加齢に伴う「ぼけ」の症状を表す患者を指し、以前は「痴呆」などとも呼ばれていましたが、言葉の響きが良くないということで「認知症」という名称が用いられるようになりました。

主な症状としてはもの忘れ、同じことを何度も繰り返し発言するなどの中核症状に始まり、その病状はゆっくり進行していきます。症状が進んでくると人や物、時間、場所などの誤認識が始まり、人によっては妄想や徘徊が始まります。男性に比べ女性に多く発症するのが特徴で、一般的に発症してからの平均余命は約10年と言われています。

発症の原因が老化に伴う細胞萎縮のため、根本的に治癒することはできませんが、薬で病状の進行を遅らせることは可能です。

脳内には記憶の働きに関係するアセチルコリンという神経伝達物質がありますが、投薬によってアセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えることができるのです。ただし薬にはさまざまな副作用があり、場合によっては周囲に暴力をふるうなど攻撃的になる人もいます。必ず処方を守り、適切な量を摂取しなくてはなりません。

レビー小体型認知症は、大脳の皮質の神経細胞内に「レビー小体」と呼ばれるタンパク質が溜まることによって起こります。1976年に小阪憲司医師(横浜市立大学名誉教授)によって発見されました。現在はアルツハイマー型認知症に次いで患者数が多く、特に男性に多く見られるのが特徴です。

症状でアルツハイマー型と大きく異なるのは、幻覚(幻視)がはっきりと現れる点です。病状が進行してくると、今度は体の硬直が始まり動作全般が遅くなります。それに伴い転倒の危険も増えるため、周囲の人はより気を配る必要があります。また、こういった症状がパーキンソン病に類似しているのも、レビー小体型の特徴の一つと言えるでしょう。

レビー小体型認知症の人とともに生活する場合は、本人の言うことを決して否定せず、本人の気が済むまで話を聞くことが重要になってきます。なぜなら、一見わけのわからないことを言っているように思われても、本人にとっては幻視がはっきりと見えているからです。また、ベッドに柵、廊下や階段に手すりを取り付けるなど転倒防止に努めるようにしたいところです。

072303

くも膜下出血や脳梗塞など、脳の血管障害によって起こる認知症を「脳血管性認知症」と呼びます。脳血管障害にかかると、脳内に血栓ができ脳の一部に血が回らなくなります。

血液は酸素を運ぶ大事な役割を担っていますが、一時的に血が流れなくなる(酸素が行き届かなくなる)ことによってその部分の脳細胞が死滅してしまいます。また、脳の部位の至るところに血栓ができる可能性があるため、失われる機能にも個人差が出ます。

そのため、記憶力が失われても判断力は正常な人や、その日の血流の具合によってできる・できない、思い出せる・出せないなどに変化が出てしまう、いわゆる「まだら認知症」の状態が多く見られるのが特徴です。

全体的な症状としては、初期は不眠、目まい、頭痛、手足のしびれといった兆候が多く、進行すると言語障害や歩行障害が見られるようになります。レビー小体型同様、男性に多く見られる認知症でもあります。

若い人にも忍び寄る認知症の影 ~若年性認知症

072304

「認知症は高齢者がなる病気」というイメージが強いかもしれませんが、65歳未満の若い世代でも認知症になる人は存在します。アルツハイマーや脳血管性疾患が大半を占めるものの、事故の後遺症や過度のアルコール摂取により認知症になる人も少なくないのです。

若年性認知症の一つで、代表的なものに「ピック病」(前頭側頭葉変性症)というものがあります。これは脳の前頭葉と側頭葉が委縮する病気で、怒りっぽくなるといった人格面での変化に始まり、不可解な動作を繰り返す行動障害、そして最終的には重度の記憶障害を引き起こします。

発症の確率はアルツハイマー型と比べかなり低いものですが、多くの人が40~60代に発症するのがほかの認知症にない大きな特徴です。また性別による発症の差も見られません。

働き盛りの世代を襲う、極めて危険なピック病。これが原因で仕事を失うリスクも考えられますし、三大認知症に比べて先の長いケアを、家族一丸となって取り組んでいく必要があります。アルツハイマーと比べ認知度がまだまだ低いことからも、ピック病に対する社会の理解もまた必要となってくるでしょう。

認知症の家族と歩む長い道のり

0706

認知症はすぐに命が奪われるような疾患ではなく、その進行もゆっくりとしたスピードで進んでいきますが、長生きすればするほど家族には大きな負担がのしかかってきます。長期にわたりケアを続けなければならず、症状が重くなるにつれ経済的にも精神的にも負担は増加する一方です。

そんな認知症も薬によって進行を遅らせることのできるものもあればできないものもあります。また、薬の量や、ほかに服用している薬との相性や副作用にも注意しなくてはありません。信頼できる医師を見つけ適切な指導を受けながら、本人・家族・医師の三位一体となったケアが求められているのです。

認知症の改善についてはこちら
認知症改善のために日常生活の中でできる6つの取り組み

参考資料・文献
『U-CANの認知症介護マニュアル』ユーキャン学び出版 認知症介護研究会著
『クスリに殺される病院の認知症・高齢者治療 笑顔で死ねる家庭の認知症・高齢者治療』双葉社

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。