自宅でも簡単にできる!認知症のリハビリ方法

認知症の進行を防ぎ、できるだけ能力を維持するために必要な、リハビリテーション。リハビリは、病院やデイケアなどの施設に行かないとできない、難しいものと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、自宅でも簡単にできる認知症の方向けのリハビリの方法があります。今回は、その方法と自宅でリハビリをおこなうときの注意点をご紹介します。

認知症リハビリの基本的な考え方

具体的な方法をお話しする前に、まずリハビリの基本的な考え方についてお話しましょう。

認知症の方がおこなうリハビリは、症状の進行を防ぐためにおこなうものです。リハビリをしたからといって、劇的に症状が改善されるわけではありません。リハビリが刺激となり、認知能力が改善する場合もありますが、あくまで症状の進行スピードを遅らせるものと考えたほうがよいでしょう。

また、認知症のリハビリは認知能力の維持だけではなく、楽しみをつくり笑顔を生む効果もあります。認知症の方は活動意欲が低下し、閉じこもりがちになることが多いといわれています。リハビリをすることで生活に楽しみをつくることが、活動意欲の向上につながるのです。

笑顔で生き生きと暮らすことも、認知症リハビリの大事な目的であることを知っておきましょう。

認知症リハビリの具体的方法

では、自宅でできる認知症リハビリについて、具体的に説明していきましょう。すべてを毎日やる必要はありませんが、本人に合うやり方や頻度で取り入れてみてください。

◎昔のことを思い出す「回想法」
自宅で気軽にできるリハビリのひとつが、「回想法」です。やり方は、写真や思い出の品などを見ながら、昔のことについて語るだけ。「◯歳の頃は何をしていた?」「結婚したばかりの頃の思い出は?」など、昔のできごとを聞いてみましょう。

認知症の方は、最近のことは思い出せなくても、昔の記憶はしっかりと覚えていることが少なくありません。昔の思い出を語ることは、精神面を安定させるほか、認知症の予防や改善にも効果があるといわれています。

◎日常生活動作や趣味の活動をする「作業療法」
みなさんは、陶芸や家事などの日常動作や趣味を通じておこなうリハビリ、「作業療法」をご存知でしょうか。病院や施設では作業療法士(OT)という専門資格を持ったスタッフがおこなっているものですが、実は自宅でも行うことができます。

たとえば、簡単な家事を一緒にやったり、好きな趣味の活動(編み物や塗り絵、折り紙、囲碁や将棋といったゲームなど)をしてみたりするなど、本人の能力や好みに合わせた作業にトライしてみましょう。

作業療法によって指先や体を動かすことは脳への刺激となり、認知症の抑制や発症予防に効果があるといわれています。しっかりと体を動かす畑作業や庭いじりなどにも積極的に取り組んでみるとよいでしょう。

◎好きな歌を聴いたり歌ったりする「音楽療法」
音楽療法は、歌を歌ったり楽器を演奏したり、あるいは音楽を聴いたりして、認知症の症状緩和を目指すもの。病院や施設などでも、複数人で集まって合唱をしたり、音楽を聴いたりする場面がよく見られます。

自宅で音楽療法をやるのであれば、本人が好きだった音楽をかけてみたり、一緒に歌ってみたりするとよいでしょう。思い出の曲を聴いたり歌ったりすることは、先ほどご紹介した回想法の役目も果たしてくれます。

音楽を楽しむことは気分の安定につながるほか、自ら歌うことによって、脳の刺激になって症状の緩和が期待でき、発声や嚥下機能の改善にもつながるといわれています。

◎パズルやドリルを使って行う「脳トレーニング」
ゲームや本など、過去には大きく話題になった脳トレ。この脳トレは、認知症の方にも効果が期待できるリハビリ方法です。

ジグソーパズルや、小学生向けの簡単なドリルを使った計算、字の書き取りなど、本人の能力やレベルに合った教材を選ぶことが大切。作業療法の項目で紹介した、将棋や囲碁などのゲームも、立派な脳トレになります。

頭を使うことは、脳へ刺激を与えます。脳が刺激を受ければ血流が上がり、認知機能向上につながることが期待できます。

◎体力低下や不眠予防に「ラジオ体操」や「ストレッチ」
年齢を重ねると運動不足になりがちです。とくに認知症の方は引きこもりがちになるので運動量が極端に少なくなったり、日中に昼寝をしてしまったりすることで、夜間の不眠や昼夜逆転の原因となってしまいます。

それによって、徘徊や夜間せん妄(意識障害が起こり、頭が混乱した状態になること)が引き起こされることもあるのです。 

予防のために有効なのが、ラジオ体操やストレッチなどの簡単な運動。日中に体をしっかり動かすことで体力低下の防止になり、夜間眠りやすくなることも期待できます。

自宅でおこなう認知症リハビリの注意点

ここからは自宅でリハビリをおこなうときの注意点について説明していきます。

◎無理をしないこと
まず気をつけたいことは、けっして無理にリハビリをおこなわないことです。体調が悪いときや本人が嫌がるときに無理しておこなおうとしてもうまくいかないどころか、リハビリは嫌なものという考えを持たせてしまいます。

もし嫌がるようであれば、本人の好きな別の方法に変えたり、気持ちが向くまで待ったりなどしてみてください。また、途中で体調が悪くなったときは無理をせずに中断し、気になるようであれば病院へ行くなどするようにしましょう。

◎プライドを傷つけない
もうひとつ大切なことが、本人のプライドを傷つけないことです。認知症になってできないことが増えてくると、介護者側がついつい子どものように接してしまうことがあります。

本人の意思を尊重し、やりたいことを楽しくやれるような環境づくりとコミュニケーションを心がけるとよいでしょう。

◎「体」「頭」「心」を意識する
リハビリをおこなうときは、体・頭・心の3つへの刺激を心がけるようにすることが理想です。体を動かして体力の低下を予防し、頭への刺激で脳への血流改善を図り、家族とのコミュニケーションや好きなことをする楽しみで心を満たす、といった具合です。

それぞれにバランスよく働きかけるリハビリを心がけることで、より大きな効果も期待でき、本人の満足度も上がるでしょう。

認知症は治すことが難しい病気ですが、働きかけ次第で進行スピードを遅らせることができます。リハビリをおこなうことが認知症発症の予防や、高齢者の生活レベルを保つことにつながり、本人にとっても家族にとっても良い効果となります。

症状の進行を防ぎ、本人の楽しみや生きがいづくりにもなるリハビリ。できる範囲で少しずつ取り入れてみましょう。

入居相談のプロが教える、
有料老人ホームの費用をお得にするコツ

家族が病気で介護を必要とするようになったり、在宅介護を継続できなくなったりするときに考 える、有料老人ホームの利用。しかし、そこで多くの方の前に “壁” となって立ちふさがるのは、「費 用」の問題です。

値段は施設によって異なりますが、数百万円の入居一時金(入居の際に支払うお金)と月額約 20 万円の施設利用料を「高い」と考える方は少なくないはず。入居する家族の貯蓄や年金でこの費 用をまかなうことができず、在宅介護を余儀なくされるケースもあるでしょう。

そこで、この無料EBookで、誰もが使える老人ホームの費用を少しでも安くする方法を解説します。 ぜひダウンロードして、老人ホーム選びの際にお役立てください。